検査システムと肌診断機研究開発のパイオニア | システム開発の歩み

株式会社日本システム研究所

日本システム研究所の歩み

日本システム研究所は、電子技術のめざましい発展に呼応する時代の担い手として、電子・電気機器やFA(ファクトリーオートメーション)の検査および制御システム分野において、社会に貢献してまいりました。

システム開発の実績一覧

システム開発TOPICS / 時代背景TOPICS

1970(S45)年
・通商産業省
(当時)重要技術開発「電着塗装法における高性能磁気記憶ディスクの工業化試験」の開発研究を受託
  • 1970(S45)年
    日本万国博覧会(EXPO’70)開催
1974(S49)年
・マイクロコンピュータを採用したデータ収集装置を開発、製品化
  • 1976(S51)年
    ロッキード事件で、田中角栄逮捕
1979(S54)年
・この頃からパソコン「オフコン」→「コンポBS」→「PC80」→「PC98」と変遷CPU8080、Z80を使用した検査システムを開発
1982(S57)年
・非接触伝送器の基礎研究に着手
電導度計のちの肌水分センサの開発を通じ、肌診断機(第1世代)を開発、製品化
  • 1980(S55)年
    ルービックキューブが大ブームに
1985(S60)年
非接触伝送装置原出願は特願昭60-12029その他多数に分割を「シグナルカプラ」の商品名でシリーズ化し、製品化に着手
  • 1984(S59)年
    グリコ・森永事件
1992(H4)年
・肌診断機(第3世代:コードレスにて赤外線通信機能追加)を開発、製品化
  • 1989(H元)年
    ベルリンの壁崩壊
1999(H11)年
Windows工場現場での運用適正≒リアルタイム性を見極めてからの使用開始を利用したシステム開発に着手
  • 1995(H7)年
    ・阪神大震災
    ・地下鉄サリン事件
2005(H17)年
・測定者の技量や習熟度に依存せずに、安定した測定を可能とする「マクチャンセンサ「うマクチャンと測れるセンサ」の意」を開発
2008(H20)年
・ケロイド治癒評価装置の開発に着手
株式会社日本システム研究所
神奈川県川崎市中原区下小田中5-11-21 東計電算中原ビル1F TEL:044-740-3351/FAX:044-740-3352

Copyright © NSR. All rights reserved