検査システムと肌診断機研究開発のパイオニア | 自動検査システム

株式会社日本システム研究所

自動検査システム

自動生産ラインにおいて、製品の形状・寸法・パターン・重量・温度・ひずみなどをオンラインで計測し、その検査データをコンピュータに入力してデータ分析や良否判別などを行う。後続工程の制御も可能で、生産ラインの効率化や検査精度向上が期待できるトータルラインコントロールシステムです。

各種検査装置・システム

ピンホール(底面)検査装置
製品の微細な欠陥(ピンホール)を光学的に検査する装置。
被膜欠点マーク検出装置
高電圧電極をコーティング側に設置し、金属側にも電極を設置して放電現象を観測することでコーティング不良を検査する装置。
内面金属不良検査装置
鉄材の外側にアルミ等のコーティングがされている部材にて、コーティングの内側面における傷や不具合等を発見する装置。
金属クラック検査装置
製品の傷、クラック、歪みを磁気センサを用いて高感度で検査する装置。
総合画像検査装置
容器の内面および外面における各種不具合を検査する装置。
フィルムしわ検査装置
容器側面に貼り付けたフィルムがしわになっているかどうかを検査する装置。
シール具合検査装置
充填後、容器天面にしたシールが完全かどうかを検査する装置。
容器密閉度検査装置
各種容器の密閉度を電気的に全数検査する装置。
打ち抜き加工検査装置
打ち抜き加工した金属製品の良否を磁気結合方式で連続的検査を行う装置。
内圧検査装置
充填後の容器内圧を光の反射を利用して検査する装置。
エアーリーク検査装置
一定時間内における充填前容器の内圧変化を確認し、空気漏れを検査する装置。
株式会社日本システム研究所
神奈川県川崎市中原区下小田中5-11-21 東計電算中原ビル1F TEL:044-740-3351/FAX:044-740-3352

Copyright © NSR. All rights reserved